経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

他社は「ズルい」やり方をしているんです

営業会議で営業リーダーとのやりとり。

「あの会社は、ずるいやり方をして受注しているんです」

と力説している営業リーダーがいました。

「どんなやり方なんですか?」

「担当者を丸め込んでいるのです」

「そうですか・・・・なるほど。

ところで、自分たちは正しいやり方で

営業しているのですよね?」

「ええ、そうです」

「そうですよね。でも、この場合、受注できて

いないですよね?」

「はい、そうです」

「おかしくないですか?

受注できない言い訳を自分たちの正当性で

逃げているだけじゃないですか。

正しい会社、正しいやり方でやっているならば

たくさん買っていただくべきです。

他社よりすぐれた商品・サービスを提供しているのなら

たくさん買っていただくことが顧客のためですよね。

それが世の中への貢献ではないですか?」

「・・・・・」

といった会話が交わされました。

がんばっている方でしたので、これ以上伝える

必要はなかったのですが、今一歩のところで

止まっていたのです。

会社のあるべき姿もこういった場面でも

大事な柱となるので浸透させる必要があります。