経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

プロジェクトの行き末は誰が決めるのか

会社の中では、さまざまな取組みを

プロジェクトを組んで行うことがあります。

今回は、失敗確率の高い事例をお伝えします。

プロジェクトで行うことは、会社にとって

優先順位が高い内容が多いわけです。

しかし、

なぜか、

会社のトップ層(経営者層)が

プロジェクトに参加していない

任せてあるからと無関心を装う

ことがあります。

営業、販売に関するプロジェクトは売上に

直結するので、そのようなことが少ないのですが

社内改善、社内改革、などの業績に直結しない

プロジェクトほど、その傾向があるようです。

トップ層が関わらないプロジェクトの進捗は

ある程度まで行けば、その後ストップします。

プロジェクト参加メンバーが

責任をとれない

意思決定をできない

ところまでくれば、そこで立ち止まるわけです。 

モチベーションも下がってきて、停滞。

こんなパターンが見受けられるようでしたら、

再度、スタートに立ち戻り

トップ層の方が社内にプロジェクトの意義を語り、

積極的にプロジェクトのミーティングに

関わっていくしかありません。

これは、組織を動かす時の基本であると

思っています。