fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜不利な状況でも経営を加速させる原理を公開〜

文脈に沿った新しさがイノベーション

今までにない新しいカタチ、新しい機能を

目指す経営者が多い。

斬新なものを開発やアイデアに求めてしまう。

しかし、そこには、若干の危険もともなう。

なぜなら、顧客側から見たら商品サービスの

歴史という文脈から大きくはずれてしまう

ことがあるからだ。

言い換えれば、文脈の違う新しさのために

「よくわからない」

商品サービスになってしまうことであり

「奇抜すぎる」

内容になってしまうことである。

他社にないものを!というスローガンは

理解できますが、最終的には顧客が理解できるか

がカギになります。

このバランスを取ることが経営者には求められるのです。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/