経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

来期の計画をつくるとき

【fjコンサルタンツ365日Blog:3429投稿目】

 計画の立て方は2通り

決算を迎える時に来期の計画を

作成するタイミングになります。

このタイミングは経営にとって

とても重要で繊細な時間となります。

というのも、計画を立てる時に

・どの到達点

で計画を立てるのかによって

結果の違いが出るからです。

計画の立案手法は

今期、先期の延長線上に計画を立てる場合

大きくジャンプさせる場合

の2つがあります。

どちらを来期は選択していくのか。

これを決めるのが重要だということです。

なんとなく、例年通りに計画をつくることが

よくないと考えています。

 根拠が必要

例年通りの数字を計画したとしても

そこに理由がほしいのです。

なんとなくでは、来期の結果は見えて

しまいます。

実は、来期が始まる前に来期の結果が

見えてしまうことがあります。

実際にそのとおりの結果になるのを見て

やはり経営計画をつくるプロセスが

大切だと感じるのです。

時間をかけてつくっていくのです。

何パターンもシミュレーションして

みることだと感じています。

一瞬先は闇、みたいな時代です。

安易に決められるとは思わないことです。