fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

初めてのトップなのに

自動車

【fjconsultants365日Blog:3672投稿目】〜1日3分、3ヶ月で1冊分の知識転移〜

50年間の中で初のトップ

統計データが残っている1968年以降、

自動車の登録車販売台数(軽自動車を除く)

ランキングで日産のノートが初めてトップに

なりました。

50年間の中で日産がトップを取ったことは

一度もなかったのです。

前年より減少したのですが初めてのトップを

取得したことになります。

(販売台数136,324台)

残念ながら、こんな快挙は報道されず違う

話題で日産がニュースに出てきています。

通常ですと「快挙」ですから大々的に

宣伝すべき事項なはずです。

月間トップを取ったのは2016年11月

日産のノートが月間のトップを取得

したのは201611月のことです。

 

この話題は

30年ぶりに首位

で取り上げました。

 

瞬間風速の記録で終わるのかと予想

されていた部分もありますが実際には

ロングセラーを記録しています。

 

特有の機構、e-powerについては

発電機付き電気自動車と呼ぶべきか

で解説しました。

 

専門家から見たら斬新な機構では

ありませんが、売れ続けたという

実績は素晴らしいものがあります。

 

新しいポジションつくった

日産のノートe-powerというのは小型車の

ジャンルです。

 

電気自動車のジャンルにもなります。

ただ発電用のエンジンを積んでいるので

特有のポジションを取得しています。

 

現在、このポジションに競合はなく

国内メーカーではポジション独占状態が

続いています。

 

他メーカーもこのジャンルには参入表明

しているので競争は激化すると思います。

 

マツダは発電用エンジンにロータリー

エンジンを投入する予定なので期待値は

高まっているようです。

 

どこまで他社が追随するのかは未定ですが

これだけ日産が売れてしまうと無視できない

と思います。

200万円以下は一気に普及する

それにしても自動車は200万円以下に

なると一気に普及します。

 

ハイブリッド車の時もそうでした。

購入価格が200万円以下になった時から

ディッピングポイント(普及点)を

迎えたのです。

 

トヨタからプリウスというハイブリッド車

が出た後にホンダから競合商品が出ました。

 

この時にホンダは200万円以下という価格を

訴求したのです。

 

そこから台数が一気に増え、普及したと

記憶しています。

 

今回も同様でe-powerという機構の自動車が

200万円以下で買えるところから普及が

加速したと感じています。

 

ノートe-powerは研究開発費の償却が

終わったノートと電気自動車リーフの

部品を使っているので最初から思い切った

価格で訴求することができたのが勝因の

ひとつだと感じています。

軽自動車トップはホンダ

ちなみに排気量660CC以下の軽自動車では

ホンダのN-BOXが首位になっています。

 

販売台数は実に241,870台にもなります。

ホンダというメーカーは日本では軽自動車

メーカーとして地位を築くようになっています。

 

 台数も日産ノートの1.7倍にもなります。

こちらは競争が激しい分野でホンダが

商品開発力を活かしてトップを取ったと

感じています。

 

実用的な軽自動車をパッケージできた

のが勝因ではないでしょうか。

 

自動車業界は大企業の争いになりますが

トップが入れ替わる時代へ突入してきた

のを感じます。

目が離せません。