スキマ時間に読める経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

スキマ時間に読めるビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

「営業戦略」の記事一覧

ビジネスに対する概念を変えて生産性2倍へ

仕事に対するイメージが変わると生産性が2倍に変わることがあります。 わかりやすいとこでは営業の仕事をしてる人は簡単に変わり成長していきます。営業の仕事は長年やっている人ほど固定概念が強くなり、これ以上販売の金額を増やすことができないと言い始め、スランプに陥ります。

売れない証明をする営業部をどう挽回するのか

営業担当がいる、営業部がある企業で発生していることの ひとつに営業担当にすべてを委ねてしまうリスクがあります。 たとえば、新商品が出たのに売れていない場合。 営業ミーティングでは 「新商品の企画がわるい」 「新商品の価格が高い」 「新商品が目立たない」 など売れない理由を見つけ出そうとします。 しかし、それだけなのでしょうか。 商品の問題だけなのでしょうか。 他にも原因があるようにいつも感じるのです。
ビジネスマン

経営者が知っておくべき営業部の領域とは

営業の現場のことは営業任せにしている という会社も多いのではないでしょうか。   たとえば ・売上が上がっているからそれでいい ・やっていることはよくわからないが クレームも出ていないのでそのままにしている というように ・任せている ・放任主義 の間を行き来している会社もあるのでは ないかと感じています。今はそれでもいいかもしれませんが
ペイント

もっと楽しなさい

【fjコンサルタンツ365日Blog:3345投稿目】 営業パーソンの仕事は、生産性の 違いが非常に大きい。 生産性の低い人は 「忙しいが売上増えず」 の状態が続いています。 営業チームを比較しても同様。 生産性の低いチ […]