経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

フィードバックがなかった

 ある会社でのできごと。
情報共有のために、あるリーダーが
情報を一斉メールしたが、だれも反応がなかった・・・。
「フィードバックがないのです・・・」
と報告をされていました。
 これでは、せっかくの情報共有も長続き
しません。
情報共有という課題は大小問わず企業では
話題になります。
これだけデジタルツールが普及したのにも
関わらず、情報共有ができないというのも
いったいどうなっているのでしょうか?
いつでもどこでも情報を見ることができ
いつでもどこでも返信することもできるはず
なのに、です。
ちょっと数年前を振り返れば、スマホの普及と
ともに、簡単に情報を送ることができるため
どんなメールだろうと情報共有のために、
一斉メールを送るようになった。
そうなると、逆に情報が多すぎて情報の重要度が
わかりにくくなってしまった。
CCで入ってくるメールの量が多すぎると
どのメールが重要なのか見えにくくなって
しまうのです。
しかも、そのひとつひとつに返信をしていては
時間が足りない。
読むだけで精一杯、というのが現状では
ないでしょうか。
その解決には、チャット形式のグループウェアを
使ってみることです。
情報共有には最適です。