経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

「3-1知識吸収(第3章営業と販促)」の記事一覧

macbook

独学で身につける

何も教えない、教えてもらわない状況でヒアリング 項目を100以上書き出してみること。 教えることだけが教育、指導ではありません。 一方的に教えることは普段していません。 教えるだけで身に付けることができる人は、 モチベー […]
macbook

営業のヒアリング項目は100以上

顧客に対してヒアリングする項目は100以上ある のです。 顧客情報のリサーチ力を伸ばすには顧客に対して 興味が不可欠です。 営業の人が「人に興味をもつため」にヒアリング項目 を100項目以上準備してもらうのです。 人の何 […]
南京錠

顧客について知っておくべき知識

顧客の社長がどういう人物か、担当者はどういう 経験を持っているのか。 その背景を知っておくこと。 社長の経歴、苦労していた時代はなかったのか。 担当者も入社歴、経歴部署、性格、性質、習慣の 情報を調べておくこと。 クロー […]
ビジネスマン

どんな知識を吸収するのか

吸収すべき知識には大きく分けて2種類あります。 提供する商品・サービスの知識。 もうひとつが、顧客についての知識。 商品・サービスについては大丈夫な人が 多いですが、なぜか顧客については知識が 浅い人が多すぎます。 なぜ […]
ビジネスマン

経験をつめば営業力は成長していくのか

営業部署のリーダーが 「経験を積ませて成長させたい」 とおっしゃることが多いです。 私は即座にその発言に対して反論します。 「経験を積めば成長できるのであれば ベテラン営業は全員が成績が良いはず ではないですか」 と、否 […]