fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

どうしていきなり導入してしまうのか?

 

会社は新しい取り組みを導入する時期があります。

その時に、

「いきなり導入」

する会社が予想以上に多いです。

 

外部のアドバイスを聞いて行う経営者は

どうしても慌ててしまい、いきなり、を

やってしまうのです。

 

気持ちはわからなくもないですが

そのようなプロセスでは導入が定着することは

難しい。

 

なぜなら、一方的な経営者の親切になって

しまっているからです。

昨日のブログ、「親切ではなく思いやり」

にも書きましたが、こちらが正しいことで

あっても一方的はまずい。

 

相手に理解というレベルで受け取って

もらえないのです。

 

スタートがずれると、それがたとえ1ミリの

ずれであっても、その後大きなミゾと

なってしまう。

そうなれば、会社にとって正しいと思って

導入したことがマイナスの結果になって

しまうのです。

数年間もの期間、尾を引くこともあるのです。

 

一度ミゾができると修復は時間と労力が

かかります。

だからこそ、経営の優先事項として

【最初が大事】

なのです。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】

【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。