fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

何度言っても改善されないんです!

とあるミーティングで

「何か課題・問題点は?」

と確認したところ、

「・・・を改善してほしい」

「・・・を他部署に任せたい」

と予想通りの問題点が出てきました。

ところが、

「何度言っても、改善されないんです!」

といきなり批判モード突入。

「まあ、まあ、そんなに・・・」

と言う間もなく

「何度も何度も言ってきたんです」

「でも何もないので・・・もう言いたくありません」

というところまで突き進んでしまいました。

具体的に聞いてみると

「他部署にも依頼をしたことがあるんですが

『私は小間使いではありません・・・』

と否定されてしまったんです」

と、たった1度のことをトラウマにしていました。

社内で何かを依頼することは、人間関係が近いため

何度も言わないケースが多い。

・大人だから1度言えばわかるでしょう

と2回目、3回目も言うのをためらってしまう傾向にあります。

ここは、直接話しをさせるのではなく、

両者交えて、公式のミーティングで取り上げることです。

こじれてしまっている場合は時間をかけて

融和させていくしか方法はありません。

 

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。