fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜不利な状況でも経営を加速させる原理を公開〜

経営者が自然(Nature)から学ぶビジネスの調和とは

【fjconsultants365日Blog:3,913投稿目】
~経営には優先順位がある~経営コンサルタント藤原毅芳執筆

自然(Nature)からわかること

自然(Nature)を見ると調和を感じる。
それを美しいと感じることがある。

では、ビジネスを見て調和を感じるだろうか。
調和されたビジネスを見て美しいと感じるだろうか。

ビジネスの世界で「デザイン思考」という言葉が出始めている。
ビジネスの手法が部分的に飽和している証拠だと感じます。

今回は、調和、ハーモニーという視点でビジネスを見ていきたいと思います。

森林
photo by fujiwara takeyoshi

ビジネスの調和3点

ビジネスの調和とは

①プロセス
②関係性
③継続性

の3点で考えていきます。

森
photo by fujiwara takeyoshi

①プロセス

ビジネスのプロセスにはバランスが取れてスムーズに
流れている場合とボトルネックで止まっている場合があります。

リーダーや経営者はいつもビジネスプロセスがどのように
流れているのか気にすること。

調和が取れたプロセスでは、
・無理のない集客
・偽りのない宣伝
・自然体の接客
・納得の契約
といった各ポイントで調和が取れています。

言い方を変えると、顧客がストレスを感じないプロセス
とも言えます。

「気がつくと自然と契約していた」
と思わされるようなビジネスプロセスが理想です。

②関係性

顧客との関係性にも調和が存在します。
顧客との関係はあくまでも対等。
50:50のフィフティ・フィフティが普通です。

どちらかが上とか下という関係性になると、いつかは
破綻します。

顧客が上で、こちらが下の関係だと、その上下差が
大きくなればなるほど、こちらが耐えられなくなります。
要求されることがだんだんと大きくなり、要求されることを
受け付けることができなくなります。

特に、受注金額の依存度が大きくなればなるほど、要求される
内容はエスカレートするのが普通なので、最後破綻するしか
なくなるのです。

それを防ぐためには関係性に調和を求めること。
それしかありません。

③継続性

顧客との継続についても調和があると感じています。
良きことをしている企業は、顧客との付き合いも長い。
継続しています。

逆の企業は、顧客との関係性が続かず、焼畑農業的な
活動をしています。

その場合、ビジネスをしているエリアを広げるか、移動する
しか方法がありません。

継続にも調和が必要で、継続性を目的とした調和を考える
ことなのです。

具体的には、「永遠の付き合い」ができないか、と考えることからです。
永遠の関係は存在しないかもしれません。
しかし、理想として究極をゴールにすることは思考のスタートと
しては最適だと思います。

自然
photo by fujiwara takeyoshi

まとめ

プロセス、関係性、継続性という視点でビジネスの調和を
考えてみました。

これはあくまでも自然(Nature)をベースに考えています。
自然(Nature)の循環には意味があると思っています。
時間をかけて到達された循環という意味です。

そうであるならば、ビジネスにも最適な循環があってもいいのでは
ないかということ。
そこに最終的な答えがあるのではないかと思っています。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/